ニキビ跡は、跡になると厄介モノ

私は自分でも自覚していますが、特に顔にニキビができやすいです。
思春期から現在に至るまで、ニキビやニキビ跡には悩まされています。

それに、ニキビができ始めると、とにかく潰そうと躍起になってしまいます。一般的には、『ニキビは潰さない。触らない。清潔にして治るのを待つ』と言われていますが、私はよく毛穴の汚れを取る器具を使って、ニキビが出来るたびにしょっちゅう潰し、ニキビの中の膿を出していました。

そして大抵器具で潰したニキビは、出来にくくなってもその代償なのか、跡になってしまうことが多かったです。

最近になって知ったのですが、無理矢理ニキビを潰すと跡が残る、ひどいとシミ化してしまうそうです。
私の場合、特にできる事の多かった口周りは本当に潰したニキビがのほとんどが、ニキビ跡になってしまっていました。
 
ニキビ跡は化粧で一時的に隠して見えなくすることは可能ですが、やっぱり鏡で自分の顔を見て、自分の素肌のひどさにはガッカリしてしまいます。

そこで最近私が考えて、徐々に実践しているのは、やっぱり基礎からケアをやり直すことです。
化粧品、化粧水、乳液などのスキンケア商品、外側の保湿方法もそうですが、体の内側、要するに口に入れる食べ物を考えた方がいいです。

ニキビ跡は、ニキビができる事と、それを変にいじってしまうからできる訳ですから、はじめからニキビにならない肌を作ればいいのです。
肌は、『見える腸』とも言われています。体内の腸が不調だと、それが肌に現れるというのです。
私は、ニキビをこれ以上増やさないように、大好きだったチョコレートを食べるのをやめました。チョコレートは美味しいのですが、糖分と脂肪の組み合わせのため、取りすぎると依存症ぽくなってしまうそうです。

そのため食べるとしても一日1個~3個ぐらいにしています。何でもダメ!とやるとかえってストレスになりますから。
また、マルチビタミン等のサプリメントの摂取、野菜や果物、発酵食品を多めに摂ることを心がけています。インスタント食品などは極力口にしないようにする、油は良い油を少量摂る、化粧を落とす際はよく泡立てた石鹸あるいは、ホホバオイルなどの良質の油で落とすようにする、お風呂上がりにはしっかりと化粧水、乳液などで保湿するということを心がけたところ、少しずつですが肌の調子が改善されてきたような気がします。もちろん油断はできませんが、じっくり肌を観察しながら、改善していきたいです。

デコボコ肌を治すにはこちらのサイトが参考になります。

まさか今頃インフルエンザとは

今日は父を病院 へ連れていく日です。
朝娘を送った後、家の片付けを終わらせて出掛ける準備をします。
車に乗って暫くすると携帯電話がなります。
安全な場所に車を停めて電話に出ます。
娘からです。

何時も子供達を保育園に連れていって娘を送るので何か変更があるのかなと思います。
どうやら違うようです。
上の子が38.5°も熱があると言います。
今日は来なくて良いよと言うので、一度家に帰ることにします。
確かに熱が高いなら、もしかするとインフルエンザかもしれないので接触しない方が良いはずです。
たしか、両親は予防接種をしていなかったはずです。
もしうつると大変なことになります。

娘もそれを心配して来なくて良いと言ったのだと思います。
父のところへ行くと、やっぱりチビちゃんは一緒じゃないのと聞かれます。
ちびちゃんに会えるのを楽しみにしていたのだと思うとちょっと可哀想になります。
娘から連絡がありやっぱりインフルエンザだったようです。
暫くは会えないかも知れませんが病気なので仕方がないです。

また良くなったら連れてきてあげることにします。
父の病院が終わったら、ちび達の様子を娘に聞いてみることにしようと思います。
何か食べれる物があると良いのですが少し心配です。
早く治して保育園に行けると良いなと思います。

10年前いいんですよといっていた知人が

知人がよく使っていた言葉「いいんですよ」。あれは良くないんですよという話です。

何故か知人は会って仕事の話や、世間話の中に、いいんですよ僕はもう、というやたら消極的な発言をしていたのですね。
クリスマスですか。ええ、うちはずっとセブンイレブンのケーキですよ。食べて終わりですよ。
バレンタインデー、えなんのことですか。○○さん(自分)がもらえるんですか。
とかこんな感じで、もうちょっと男らしく生きて欲しかったのですが、その知人がこの前、家に来られたので、見てみたら、何やら元気になっていましたね。

消極的だった頃の知人の年齢に自分が重なりました。
知人とは約10歳くらい離れていますから、40半ば、何か変化でも起きたのでしょうかね。

結婚したくなった、だとか、お兄さんとの相続を想像して、今後の人生を家族で話し合い、自分は自分でしっかりしなくてはならないと考えた、だとか、何かきっかけがあったかのように、知人は活発になっていましたね。

良い事だと他人事ながら思っていましたけど、何が起きたのかとても気になる話です。この辺、おじさんの癖して、変におばさん根性ですね。

犬や猫と遊んでいるのが楽しいような知人だったのですけどね。

発想の転換、前向きっぽい

嫌な事を考えるより、その人に感謝した方がいいと思いました。
随分発想の転換によって、気が楽です。
出来ないと思われていても、別に気にもしません。人目を気にしていても仕方ないですし、もし疲れてきたら眠ればいいだけなのです。

父が原因不明の行動に出て、僕自身も考えすぎなのかなと思う事もあるのですが、一時期神経質に気にしても仕方ありませんからね。
朝のドラマ、もう稀終わったのでしょうかね。
余りドラマ関係を見ておらず、朝ごはんも、何だか父母二人で食べたいのか、単に僕が食べないだけなのか、二人で話しています。
そういつ頃からか両親が、両親が、と親ばかりこだわっていました。
いい年して、それは恥ずかしいですね。お金の心配はかけないよと言ってあげられる人間になりたいと、かなり前向きに発想の転換をしました。

明らかにお世辞で、父が働き盛りと言ってくれるのは本当にうれしいですね。お世辞って余計でしたね。
働き盛りの時に、僕に前職はありませんでしたけれども。
何はともあれ、前向きに生きていればよい事はやってくるはずです。
楽しい人生に笑いは必須と100歳まで生きたばあちゃんの言葉です。

僕も100歳まで人生を楽しみたいので、頑張って明るくいきていきます。

わんこどもの生き方もいいと思います

この前、寝て起きたら、目の焦点が全くあっておらず、わんこどもが邪魔をしたのかと受けました。
別に眼病になったわけではなくて、何故か合わないのです。
勿論、それは起きたてで何も考えてなかったからかもしれません。
どうでもいい事ですけどね。

わんこたちは、どうやって自分が楽しいかという事を考えると、真っ先に自分を好きになってくれる人に尽くすのですね。
まる犬が寒いからと着た服を、「どうきれいでしょ」という風にこちらに向かって見せつけてきました。
わんこは自己投影といいますが、どうでしょうね。半分はそうですけど、半分は犬たちって、気持ちが理解出来ているように思えますね。
人間の気持ちが分かるから、健気に見えているというのは、飼った事がある人なら分かる話ではないでしょうか。

わんこたちは、ご飯を食べて寝ていて、遊んでと絡んだり、何かさだまさしさんの曲に「私は犬になりたい」とかありませんでしたっけ。吾妻さんという漫画家にも、猫はいいな、寝ていて、俺も寝ていたいというのがあったように思えます。
真意までは分かりませんが、ただ楽をしたいというより、好きに見えるのでしょう。実際、僕もわんこたちの生き方も悪くないと思っています。

大正琴を解剖したいのに

深夜に大正琴を解剖しようと思っていたら、親が寝るようです。ブログを書いたら、親の部屋から持ってこないといけませんね。
リペアとクラフトの話は、相当していると思うのですが、基本的にジャンク屋や、ハードオフもどきをするなら、リペアです。それだけで、かなり価値観が変わってくると思います。
普通の人は、特にネットに興味のない世代や、うんざりした人から見ると、ヤフオクって安いけど安心なのくらいの感覚だと思います。
又、お金に困っているわけではなく、勤めている人も、普段の事で、それ程関心がないというのが実情ではないでしょうか。

基本的に、ジャンク屋って響きはとてもかっこいいです。全く話がそれましたが、この安物の響きがとても好きです。
廃品回収とかいうと、たけざおーなんて軽トラで流して、町の人からいらないものをもらう仕事のように思えますが、まあほぼ九割それですけど、ジャンク屋っていうと、何かアメリカのおっさんがやっているようなそんな印象を受けます。

廃品回収ですが、これを直して売る事が、とても簡単になった時代にまず感謝と言えます。

リペアだけで、随分物事が変わってくると思います。やはり、普遍的なものって価値も同じですから、薄利多売でも損はないと僕は思っています。

慰謝料の話なんて本当に全てを壊す

何だか肉まんが食べたいと強く思います。
肉まん食べたいという願望がとても強いですけども。

秋というと肉まんですかね。まあどうでもいいですか。

同じことの繰り返しって確かに人間は飽きてきますね。偉大なるマンネリズムというものは、共感しているようで、人間は新しい刺激を求めているのかもしれません。
何か楽しい事、落ち込んだ時は新しい事など、何かでお金が入る技術が得られれば、こちらとしてはほっとする話なのですけどね。

やや眠気が押し寄せてきました。
眠くなりながら、考えている事も多いのですが、そういえば、自分の結婚って本当にどうでもいいです。
彼女なら分かりますが、結婚となると、結局お金が派生しますから、同じ話題のようですけど、嫌な内容です。

慰謝料で生活出来るのが女性なのですね。

話題が抜けなくなるので、考え方を変えて、楽しい事はないでしょうかね。親がうつっぽくなる気持ちが凄く理解出来ます。
自分も相当うつっぽいのではないでしょうか。

変な女性って危ないので、接しない方が良いですよ。変な男との境界が難しいのですが、第三者から見ると、分からないですものね。
今日も正義の奥様方から排除されているという妄想を抱きながら、夕飯でも食べますか。

細やかな気配りというもの

コーヒーの粉をこぼしてしまいました。これが父親には嫌がられると聞いているので、すぐに拭いて取りました。
細やかな気配りは、誰に対しても大事ですよね。
ずっとそれをしているつもりで、していなかったなと思います。何も事実関係が分からない人は、単に僕の性格だと思うのでしょうね。
それは直していくしかない事です。

人に対して礼儀正しくあれと自分でも思いますが、ふと言葉で人を傷つけてしまう事もあります。
だから、優しく言ってあげる事が大事なのだと自分でも思っています。
又、誰かに優しくされる事は、どんな小さな事でもない場合が多かったので、今度からされたらちゃんとお礼を言おうと思っています。

先ず、自分がしっかり人から嫌われない普通の人間でなくてはならないという事ですよね。

何かの本にありました。自分が笑顔を浮かべて、そこからなのだそうです。他の人がどうではなくて、自分が笑顔を作って、穏やかにしていれば、人はそうは嫌わないのそうですよ。
人間の信頼を壊してしまう事は、とても簡単です。でも、そればかりやっている人は、最後は誰からも信頼されなくなってしまいます。
もっと普通の方々と、そう思いながら、ちゃんと普通に生きていこうと思っています。

雑談などをしいしい。

いやあトクホン気持ちいいですね。何だか背中一杯に貼り付けたいですね。
肩も首も、肩の下も贅肉なのか、なんなのか、凝って仕方ないと思うのですが、これを書く度に、ああ運動しないとなと思っています。

生活が安定すると、好きな人生を歩みたいと思うのは、人間には当然あります。
何も苦しんでまで生きていたいとは思わないはずです。
ただ、生きている内、逃れられないものもあるといえばあります。

僕だと面倒臭い事柄がとても多い気がするのですね。それって気持ちの入れ替えでどうにでもなるとは思いますが、更にいうと、精神病を何とか治したい、これだけは思います。
完治にほぼ近い状態にしたいと、僕自身は思います。
まあそれも気楽にやっていけばいいのだと思いますけど。

あんまり根を詰めても仕方のない話ですしね。そういえば病院の近くに、家庭菜園なのか、何かの果物が植わっています。キャベツとか菜っ葉ものを、よくあの辺では作っているのですね。
一応、東京都といってしまう人は、都市部以外、皆田舎でしょと思うでしょうけど、その通りで、東京なのに、畑があるのです。
それらを見ていて、何故か違う県にいるような錯覚を覚える事もありましたね。15日くらいに行かなくては病院にです。

雑談を書きながら思う事

はっぴいえんどのライブ音源を聞いていて、昔の人はヒッピーソングにも、何やらオーケストラのような拍手をするのだなと思いました。
時代が感じられて、面白い事ですね。
来年は、又新しい事は始まると考えています。とても楽しみです。

ジャンク屋という名前を自分の中で持つと、それに自己陶酔していますね。
面白いものです。自分でうつ病だと考えすぎると、そこにはまってしまい、病人のように感じられるのに、それでも全然問題ない肩書を自分で受け入れられると、余り文句もないものですね。
結構自虐的かもしれませんが、もっというと、オタクっぽいのでしょう。
電車男は、当然ながら電車を知り尽くしている事に、少なからず、プライドはあるでしょう。
ない人もいるかもしれませんが、知っているという事に関して、他とはひけをとらないとは思っている気がします。
同じようにジャンク屋という稼業を考えると、チープで学識ぶらず、普通でありながら、少しずれたような感覚になるのが心地よい部分です。

自分は最近、ボーダー女の洗脳が少しずつ解けてきたように思えます。洗脳というのは、要するに、固定観念を植え付けられるのです。新しい決別は、むしろ攻撃された時、相手の正体が分かって、段々と自我が出てくるのだと思っています。