わんこどもの生き方もいいと思います

この前、寝て起きたら、目の焦点が全くあっておらず、わんこどもが邪魔をしたのかと受けました。
別に眼病になったわけではなくて、何故か合わないのです。
勿論、それは起きたてで何も考えてなかったからかもしれません。
どうでもいい事ですけどね。

わんこたちは、どうやって自分が楽しいかという事を考えると、真っ先に自分を好きになってくれる人に尽くすのですね。
まる犬が寒いからと着た服を、「どうきれいでしょ」という風にこちらに向かって見せつけてきました。
わんこは自己投影といいますが、どうでしょうね。半分はそうですけど、半分は犬たちって、気持ちが理解出来ているように思えますね。
人間の気持ちが分かるから、健気に見えているというのは、飼った事がある人なら分かる話ではないでしょうか。

わんこたちは、ご飯を食べて寝ていて、遊んでと絡んだり、何かさだまさしさんの曲に「私は犬になりたい」とかありませんでしたっけ。吾妻さんという漫画家にも、猫はいいな、寝ていて、俺も寝ていたいというのがあったように思えます。
真意までは分かりませんが、ただ楽をしたいというより、好きに見えるのでしょう。実際、僕もわんこたちの生き方も悪くないと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です