ニキビ跡は、跡になると厄介モノ

私は自分でも自覚していますが、特に顔にニキビができやすいです。
思春期から現在に至るまで、ニキビやニキビ跡には悩まされています。

それに、ニキビができ始めると、とにかく潰そうと躍起になってしまいます。一般的には、『ニキビは潰さない。触らない。清潔にして治るのを待つ』と言われていますが、私はよく毛穴の汚れを取る器具を使って、ニキビが出来るたびにしょっちゅう潰し、ニキビの中の膿を出していました。

そして大抵器具で潰したニキビは、出来にくくなってもその代償なのか、跡になってしまうことが多かったです。

最近になって知ったのですが、無理矢理ニキビを潰すと跡が残る、ひどいとシミ化してしまうそうです。
私の場合、特にできる事の多かった口周りは本当に潰したニキビがのほとんどが、ニキビ跡になってしまっていました。
 
ニキビ跡は化粧で一時的に隠して見えなくすることは可能ですが、やっぱり鏡で自分の顔を見て、自分の素肌のひどさにはガッカリしてしまいます。

そこで最近私が考えて、徐々に実践しているのは、やっぱり基礎からケアをやり直すことです。
化粧品、化粧水、乳液などのスキンケア商品、外側の保湿方法もそうですが、体の内側、要するに口に入れる食べ物を考えた方がいいです。

ニキビ跡は、ニキビができる事と、それを変にいじってしまうからできる訳ですから、はじめからニキビにならない肌を作ればいいのです。
肌は、『見える腸』とも言われています。体内の腸が不調だと、それが肌に現れるというのです。
私は、ニキビをこれ以上増やさないように、大好きだったチョコレートを食べるのをやめました。チョコレートは美味しいのですが、糖分と脂肪の組み合わせのため、取りすぎると依存症ぽくなってしまうそうです。

そのため食べるとしても一日1個~3個ぐらいにしています。何でもダメ!とやるとかえってストレスになりますから。
また、マルチビタミン等のサプリメントの摂取、野菜や果物、発酵食品を多めに摂ることを心がけています。インスタント食品などは極力口にしないようにする、油は良い油を少量摂る、化粧を落とす際はよく泡立てた石鹸あるいは、ホホバオイルなどの良質の油で落とすようにする、お風呂上がりにはしっかりと化粧水、乳液などで保湿するということを心がけたところ、少しずつですが肌の調子が改善されてきたような気がします。もちろん油断はできませんが、じっくり肌を観察しながら、改善していきたいです。

デコボコ肌を治すにはこちらのサイトが参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です