ポツポツできる首イボを予防する方法

kora-genndeliftup

30代以降になると、首にポツポツと目立つイボが出来ることもあります。
ウイルス性のものではないので放っておいても大丈夫なのですが、やはり女性としては見た目が気になってしまいます。
そんな首イボの原因や予防法を見ていきましょう。

紫外線でメラニンが増えてしまったため

紫外線は肌にとってはいい事なしで、日焼けやシミを作ってしまうだけでなく、首イボの原因にもなります。
肌を傷つけてしまう紫外線を浴びてしまうと、肌がダメージから守ろうとしてメラニンを作り始めます。
それが老廃物として首にたまってしまうと、ぷっくりと膨れて薄茶色の首イボとなってしまいます。
最初のうちはシミのようにふくらみのない色素沈着なのですが、そこに紫外線を浴び続けることでダメージが蓄積されてイボのようになってしまいます。

加齢によるターンオーバーの低下

スキンケア・女性

残念ながら、肌も体同様に年を取れば徐々に衰えていくものです。
古い角質を老廃物として排出するサイクルのターンオーバーが、どんどん遅くなってきます。
20代なら28日周期で老廃物を肌から追い出せるのですが、40代になると40日から50日、60代では100日周期にもなってしまいます。
肌内にメラニンや老廃物がいつまでも残ることになりますから、排出しきれずに首イボが出来てしまいます。

首の肌への刺激

首に年齢が出るなどとよく言われるように、首の肌は意外と摩擦などでダメージを受けやすいです。
首元が洋服とこすれたり、マフラーやスカーフなどのグッズで摩擦が起きてしまいます。
顔のようにしっかりお手入れする機会も少ないですから、乾燥しやすくなり余計に摩擦などのダメージが加わりやすくなります。
これらの刺激が積み重なって、首イボができてしまいます。

紫外線対策で首イボを作らせない

hiyake_kawa

紫外線は肌にとっては悪者でしかありません。
首イボを始めとしてシミや肌のハリツヤを奪って老化させてしまいますから、紫外線対策を万全にしておきましょう。
顔は毎日やっていても、首は夏場だけという方も多いはずです。
季節に関係なく日焼け止めを塗るようにして、首イボを予防するのが先決です。

デコルテケアを始めよう

首も顔と皮膚でつながっているので、スキンケアのついでにデコルテケアもしてあげましょう。
顔から首元までしっかり化粧品を伸ばしてあげて、保湿力を強化してあげるのがおすすめです。
乾燥が和らいでくるとターンオーバーも正常化してきますから、肌ダメージによるターンオーバーの低下を防げます。
肌のコンディションが整ってくると不要な角質も作られにくくなり、肌自体もきれいになってきます。

首イボ専用ケア用品のすすめ

病院に行かなくても、首イボのケアは自分でできます。
専用のピーリング剤やクリーム、オイルなどが販売されていますから、毎日塗ってあげれば徐々にきれいになってきます。
シミと同じで首イボは短期間で消えるものではありません。
肌サイクルを正常化させてコンディションをベストに保ちながら、少しずつ減らしていくのがベストです。
あせらず3ヶ月くらいはケアするつもりで、専用ケア用品を使ってみましょう。

参考サイト:首のイボ.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です