個人的なドラクエの一言感想

先日ついにドラクエ11の制作発表がありました。私が初めてやったファミコンゲームがドラクエ2で、それ以降新作が発表されるごとにプレイしてきました。でも本気でプレイしたのは5までで6以降は発売から1年ぐらいたってからとだんだん疎遠になっていき、9以降はまともにやっていません。そんなドラクエシリーズの思い出を書いてみようかと思います。

1はRPGの原点ともいえる作品であったため物足りなさを感じましたね。まぁ先述の通り2が初プレイというのが大きいかもですが。
2はとにかく難しかったですね。史上最凶と言われたものを一番初めにやったというのが・・・リメイクで相当緩くなりましたが。

3はリメイクの方が評価が高いですよね。特に音源が素晴らしいので集大成の傑作と言えますね。

4は初の固定キャラということで感情移入しながらやっていた覚えがあります。ショートストーリー仕立てというのも斬新でしたし。
5は初SFCの作品でしたが何となくFCに近い作りでしたね。でもPS2やDSでリメイクされたこともあり、一番プレイした作品でしたね。
6は世界観が広がったものの若干分かりずらかった様な気がして個人的にはイマイチでしたね。これでDQ離れが始まったのかも。

7は初プレイから初クリアまで3年以上かかるということに。途中の石版が分からなく、しかも3D仕様というのもあって非常に分かりずらかったですし。なのにストーリーが長いですからね。長期的には楽しめるのでしょうが。

8はテンポがイマイチでしたね。特に戦闘シーンが。テンションや攻撃、呪文アクションが追加されたので余計に・・・
9以降は未プレイなのでよく分かりませんが、賛否両論っぽいですね。

11が最後の作品になるのでしたら原点回帰でもいいかと思います。そしたら復帰しようかな、と。